MAIN CONTENTS
只今 1/12 HONDA CB1300P 白バイ (フジミ) 製作中! 現在の状況
マイペースですが宜しくお願いいたします。<(__)>
SIDE CONTENTS
前作品紹介 1/12 DUCATI 1199 パニガーレS (タミヤ) ENZO FERRARI完成画像へ
カテゴリより製作記をご覧になれます。
2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

ホースバンドの作り方 #01

前回に引き続き今回も番外編です。

今回はバイクモデルのディテールアップでは効果の高い配管部分のホースバンドについてです。

クリックで拡大
ノーマルキットではホースバンドはほとんどの場合が省略されています。
今作例では極細金属線を使ってこのように簡易的にホースバンドの再現を行ってみました。

そして『同じ様にしたいのですがうまく巻けない』と言う相談を何件か頂いたのでもう少し製作法を詳しく説明していきたいと思います。

クリックで拡大
まずは極細の金属線を用意します。
今回使用したのは約0.2mm、市販品でこれぐらい細い金属線は入手しにくいのですが0.5?0.6mm程度の黒リード線の芯線を引き抜くと近いものが得られる場合がありますよ。


クリックで拡大
この金属線をリングにしていきますがいきなり本パーツに巻きつけるのはなかなか難しいのでまずは筆の柄など少し太めの棒に巻きつけてある程度の形状を作っておきます。
二重に巻いてペンチでよっておきます。
こういった極小パーツを作るコツは広いスペースである程度作業しておいて本パーツに持っていくということです。


クリックで拡大
そして筆から引き抜くとこのような状態のリングパーツができるはずです。
このリングの大きさは本パーツの径よりも少し大きいぐらいがベスト、但し本パーツのホース部分に辿りつくまでに障害物がある場合はそれを交わせる大きさにしておきます。


クリックで拡大
続いてそれを本パーツに取り付けていきます。
この時点ではリング部分はまだゴソゴソのはずです。
時間の都合で本パーツは未塗装ですが実際は塗装後に行います。^^;


クリックで拡大
次にそのままリングパーツを下にギュッと引き下げて本パーツの径まで絞り込みます。
当然、金属線をよじってる部分はパーツ裏の見えない位置にしておきます。


クリックで拡大
そして更にペンチで金属線をより込んで固定します。
この時に位置の調整なども同時に行い形状を整えておきます。


クリックで拡大
そして最後に余分な金属線をカットして完了です。
裏に極少量の瞬着を付けておくとなおベターです。
あとは適当なアルミパイプをサイドに接着しておくと更にホースバンドっぽくなりますよ。

最初は難しいかもしれませんが2,3回練習するときれいに巻けるようになると思います。^^


続いてエッチングのホースバンドパーツを使って製作する場合。

クリックで拡大
これは極小ゆえうまく丸めるのが非常に困難です。
エッチングがステンレス製で弾力が強く丸めてもバネの如く戻ってきてしまうからです。


クリックで拡大
この場合はエッチングを一度タ?ボライターで焼いて自然冷却させます。
いわゆる焼きなましという作業です。
これを行うと金属の組織が変化してステンレスが軟化し弾性がなくなります。
この時、焼き過ぎは注意です画像のように一瞬パーツが赤く焼きが入ればOKです。
又、火災には十分注意してくださいね!^^;


クリックで拡大
するとかなり丸める作業がしやすくなります。
後は先にやったものと同じ様に本パーツに取付け瞬着留めを行います。


いかがでしょうか、ホースバンドの再現方法はさまざまで簡単にアルミテープの細切りを巻くだけでも大きく見栄えが変わります。
それ程、有無の効果の高いディテールアップポイントなのです。
金属線巻きの再現方法は高価なディテールアップキットを買わずとも製作可能なので是非挑戦してみてくださいね。^^

次回はRCV製作記に戻ります。
今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
スポンサーサイト
お知らせ
ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりしていってくださいね。

当サイトはリンクフリーです♪
連絡不要、ご自由にリンクOKです!

製作記を最初からご覧になられる場合は下のカテゴリからどうぞ。
記事が古い順にソートされます。
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!
ポチッと投票よろしくお願いします♪
皆様の1票を毎日の励みにしております!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

応援いつもありがとうございます!
プロフィール

なりけん

Author:なりけん
住所:大阪府 性別:男 年齢:45才
第1次ガンプラ世代で、当時は早朝から模型店に並んだ口です。^0^;
現在はスケールモデル中心。
日々仕事、生活と多忙な毎日ですが一日5分でも10分でも模型に触ろうと頑張っています。
同じ境遇の方が一人でも多く模型ライフに戻ってくるきっかけになればと思っております!

メールはこちら→
(別窓が開きます)

カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
 
検索フォーム
お友達リンク
最新トラックバック
忍者ビジター
アクセスカウンター
週間逆アクセスランキング
模型関連メーカーリンク
国内メーカー


タミヤ模型


フジミ模型


(株)ハセガワ


青島文化教材社


株式会社バンダイ


株式会社童友社


マイクロエース(旧アリイ)


株式会社GSIクレオス


スタジオ27


アク・ステオン


モデルファクトリー・ヒロ


株式会社アドラーズネスト


海外メーカー


トップスタジオ(香港)


レベル(ドイツ)


イタレリ(イタリア)

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク・その他
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FX