MAIN CONTENTS
只今 1/12 HONDA CB1300P 白バイ (フジミ) 製作中! 現在の状況
マイペースですが宜しくお願いいたします。<(__)>
SIDE CONTENTS
前作品紹介 1/12 DUCATI 1199 パニガーレS (タミヤ) ENZO FERRARI完成画像へ
カテゴリより製作記をご覧になれます。
2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

1/12 HONDA RC211V'06 (タミヤ+TopStudio) 製作#081

引き続きリア足周りの製作を進めます。

前回に続きドライブチェーンの製作です。

う?ん、悪戦苦闘しております。ToT
結果から言いますとなんとか形にはなったのですがあまり納得のいく完成度とは言い難いです。

クリックで拡大
前回までのように10リンクずつを1ロットとして作り進めてこんな感じで治具を使用して繋ぎ合わせていきます。
このロット同士を繋ぐ作業がまた大変。極小ゆえ固定するのすらひと苦労でした。
だんだん治具もへたってきて条件は悪くなるばかり。手早く決着をつけるのが懸命ですね。^^;


クリックで拡大
とりあえず必要数、繋ぎ合わせてこんな感じになりました。
長さはキットのチェーンに現物合わせで決めています。
インストではキットのチェーンモールドに準じた58リンクの指示になってますがでたらめです。
実際のチェーンは少し小さめですので約60リンク必要と思われます。
結局処理した枚数は1リンク当り内外で4枚必要なので合計240枚程ですか。^^;


クリックで拡大
ザックリですがスプロケットに組み合わせるとこんな感じです。
チェーンがガチャガチャで頼りないのですが車体に組み込むとちょっとはマシになるのですかね?
さすがに金属感はすごいのですが均一さがいまいちで見栄えは微妙ですね。
もっと奇麗に均一に作れたら良かったのですが私の腕ではこれが限界でした。ToT


いやぁ、最初にインストを見た時に叩いてカシメルといった原始的な製作法でヤバイと思ってました。
昔はカシメや焼き留め等といった製作法が良くありましたがやはりどれもいい思い出はあまりないですからね。^^;
案の定、難易度の高い手強いキットでした。

さて、これを見て4000円以上出して是非挑戦したいという方は居られるのでしょうか?^^;
私も初めて製作しましたがそれなりに根気と覚悟が必要だと思います。

又、挑戦する方への私なりのアドバイスとして。
・ヒンジピンが真鍮製の外リンクの穴に入るか確認してください。入らないようでしたら枠から切り取る前に全て開け直した方が楽です。
(私は後で気づいたのでかなりの手間でした。)
・ヒンジピンの精度が悪く短いものが多く混ざってますので極力使わないようにします。(かなり予備数が入ってるのでハジいても大丈夫です)
・組立て治具は精度良く組立てて下さい。治具の精度がそのまま製品の精度に反映されます。(かなり重要!)
・各パーツ1ロット失敗しても十分足りるだけの予備数がセットされてます。
こんなところでしょうか、以上を注意すると私よりも楽に綺麗なチェーンが組めると思いますヨ。^^;

まぁ、とりあえずこれで金属チェーンは完成とします。
そうこうしてる間に梅雨も明けて天候もよさそうなので少しカウル類に戻って塗装でもしましょかね。
当分、チェーンは見たくないです・・

今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
スポンサーサイト

1/12 HONDA RC211V'06 (タミヤ+TopStudio) 製作#082

引き続きリア足周りの製作を進めます。

前回にドライブチェーンの製作もようやく一段落しました。
チェーン製作に手を焼いてる内に梅雨も明けたようです。^^;


そんな訳でカウル塗装を・・と思ったのですが先にホイルの塗装を行いましょう。
現状、カウル類よりホイルの方が先に必要ですからね。

クリックで拡大
レプソル車の方は蛍光オレンジで基本塗装までは終えていたので今回はクリアコートを行いました。
クレオスの蛍光オレンジは艶消し塗料なので光沢塗装に仕上げる場合はクリアコートが必須となります。
使用したクリアはいつものフィニッシャーズのオートクリアーです。


クリックで拡大
続いてコニカ車のホイルも塗っちゃいましょう。
こちらは青色で使用したのはタミヤのブリリアントブルー。
インストの指定通りでタミヤの缶スプレーから取り出したものをエアブラシで塗ってます。


ホイルの塗装は単純なようで以外と時間が掛かる工程です。
奥まった部分がエアーの吹き返しでなかなか色が乗らないからです。
焦って奥に吹き続けると塗料が溜ったり、垂れたりして失敗の原因になりますので先に筆でチョイチョイと塗っておくかエアブラシの細吹きで少しずつ色を乗せていきます。
私は筆はどうも苦手であまり使いたくないのでじっくりエアブラシで仕上げました。

チェーンの製作でしばらく細かい作業が続いたので今日は息抜きにちょうど良い作業でした。^^;
次回は続いてカウル類の塗装を行いましょう。

今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
お知らせ
ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりしていってくださいね。

当サイトはリンクフリーです♪
連絡不要、ご自由にリンクOKです!

製作記を最初からご覧になられる場合は下のカテゴリからどうぞ。
記事が古い順にソートされます。
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!
ポチッと投票よろしくお願いします♪
皆様の1票を毎日の励みにしております!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

応援いつもありがとうございます!
プロフィール

なりけん

Author:なりけん
住所:大阪府 性別:男 年齢:45才
第1次ガンプラ世代で、当時は早朝から模型店に並んだ口です。^0^;
現在はスケールモデル中心。
日々仕事、生活と多忙な毎日ですが一日5分でも10分でも模型に触ろうと頑張っています。
同じ境遇の方が一人でも多く模型ライフに戻ってくるきっかけになればと思っております!

メールはこちら→
(別窓が開きます)

カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
 
検索フォーム
お友達リンク
最新トラックバック
忍者ビジター
アクセスカウンター
週間逆アクセスランキング
模型関連メーカーリンク
国内メーカー


タミヤ模型


フジミ模型


(株)ハセガワ


青島文化教材社


株式会社バンダイ


株式会社童友社


マイクロエース(旧アリイ)


株式会社GSIクレオス


スタジオ27


アク・ステオン


モデルファクトリー・ヒロ


株式会社アドラーズネスト


海外メーカー


トップスタジオ(香港)


レベル(ドイツ)


イタレリ(イタリア)

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク・その他
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FX