MAIN CONTENTS
只今 1/12 HONDA CB1300P 白バイ (フジミ) 製作中! 現在の状況
マイペースですが宜しくお願いいたします。<(__)>
SIDE CONTENTS
前作品紹介 1/12 DUCATI 1199 パニガーレS (タミヤ) ENZO FERRARI完成画像へ
カテゴリより製作記をご覧になれます。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

1/12 HONDA RC211V'06 (タミヤ+TopStudio) 製作#141

引き続き燃料タンクの製作を進めます。

前回にタンク本体の塗装を行いました。

今日は周辺の小物類の塗装、組立てを行ってユニットの完成を目指しましょう。

クリックで拡大
まずはフューエルキャップなど残った小物類に塗装を行いました。


クリックで拡大
塗装が乾燥したら各パーツを組み立てていきます。
タンク前端はこのようになります。
ボックスパーツと、以前に製作したホース配管を取り付けます。


クリックで拡大
そしてエアボックスにはエッチングのファスナーを取り付けて。


クリックで拡大
タンク本体側に接着します。
いかがでしょうか、タンクとエアボックスの材質の違いがうまく表現できましたね。
又、中央のホース配管はノーマルキットでは省略されてる部分です。
こういった細かい部分の再現性はTopStudioならではのこだわりですね。^^


クリックで拡大
そしてこちらはコニカ車用にノーマルパーツを組立てたものです。
一旦切り離したエアボックスはマスキングなしで塗装でき奥まった部分までキッチリ塗り分け可能です。
簡単な工作で塗装も楽に行えるので素組派の方にもお勧めの追加工です。^^

又、ファスナー部はカウル用の余ったデカールで再現してあります。

そしてエアボックスをタンク本体に接着して完了です。
やはりディテールアップ版と比べるとかなりあっさりと物足りなく感じてしまいますね。^^;


クリックで拡大
これで2台分、燃料タンク周りのユニットは完成です。


クリックで拡大
そして燃料タンクを車体に取り付けるにはこのテールカウルパーツが必要です。
ですがこちらはクリアコートの途中です。
まとまった時間がとれずあまり進んでません。^^;


そんな訳で燃料タンクの車体への組み付けは先の工程としてしばらく保管です。
次回から新しいセクション、マフラーの製作に移ります。

マフラーは焼け表現などバイク模型中で最も塗装の難しいパートです。
私自身も苦手なパートなのですが頑張って進めていきましょう。^^

今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
スポンサーサイト

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

1/12 HONDA RC211V'06 (タミヤ+TopStudio) 製作#142

さて、前回に燃料タンクの製作が終わり今日からは新しいセクション、マフラーの製作に掛かります。

RCVのエンジンはV型5気筒で前3気筒、後ろ2気筒の配列になってます。
そしてエキパイの構成は前3→2、後ろ2→1の集合管となります。

ヤマハ等の直列エンジンと違いV型エンジンは比較的エキパイの取り回しが複雑な構造となっています。
又、模型もその複雑な取り回しを再現すべくパーツが細かく分かれており製作は少々面倒な類となってしまいます。

クリックで拡大
キットはこのようなパーツ構成となり、現状仮り組み時に幾つかのパーツは接着済みです。


クリックで拡大
そして今回ディテールアップパーツとしてTopStudioには新規パーツがセットされてます。
パーツは金属製のマフラーエンドとメインのエキパイ、その他幾つかのエッチングが含まれます。
こちらのパーツはレプソル車に組み込んで製作を進めていきます。


クリックで拡大
さて、製作を始めていくわけですがまずはパーツ単体での合わせ目、パーティングライン、突き出しピンの痕などを消していきましょう。
パーツを組み合わせてしまうと処理できなくなる部分も出てきてしまいますからね。


クリックで拡大
処理の仕方はいつものように瞬着盛りとペーパー掛けの繰り返しで行います。


各パーツの表面処理はパーツ数が結構あるので少し時間が掛かりそうです。
マフラーの製作は後々の塗装やディテールアップパーツへの置き換え方など考えないといけない項目がたくさんあります。

ですが今のところほとんどノープラン。
実車資料を眺めてたらあっと言う間に時間が経ってました。。
う?ん、パーツの表面処理でもしながらじっくり考えるとしましょうかね。^^;

今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

お知らせ
ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりしていってくださいね。

当サイトはリンクフリーです♪
連絡不要、ご自由にリンクOKです!

製作記を最初からご覧になられる場合は下のカテゴリからどうぞ。
記事が古い順にソートされます。
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!
ポチッと投票よろしくお願いします♪
皆様の1票を毎日の励みにしております!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

応援いつもありがとうございます!
プロフィール

なりけん

Author:なりけん
住所:大阪府 性別:男 年齢:46才
第1次ガンプラ世代で、当時は早朝から模型店に並んだ口です。^0^;
現在はスケールモデル中心。
日々仕事、生活と多忙な毎日ですが一日5分でも10分でも模型に触ろうと頑張っています。
同じ境遇の方が一人でも多く模型ライフに戻ってくるきっかけになればと思っております!

メールはこちら→
(別窓が開きます)

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
 
検索フォーム
お友達リンク
最新トラックバック
忍者ビジター
アクセスカウンター
週間逆アクセスランキング
模型関連メーカーリンク
国内メーカー


タミヤ模型


フジミ模型


(株)ハセガワ


青島文化教材社


株式会社バンダイ


株式会社童友社


マイクロエース(旧アリイ)


株式会社GSIクレオス


スタジオ27


アク・ステオン


モデルファクトリー・ヒロ


株式会社アドラーズネスト


海外メーカー


トップスタジオ(香港)


レベル(ドイツ)


イタレリ(イタリア)

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク・その他
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FX