MAIN CONTENTS
只今 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作中! 現在の状況
マイペースですが宜しくお願いいたします。<(__)>
SIDE CONTENTS
前作品紹介 1/24 BMW 850i (タミヤ) 850i完成画像へ
カテゴリより製作記をご覧になれます。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

1/12 HONDA RC211V'06 (タミヤ+TopStudio) 製作#161

引き続きラジエターの製作を進めます。

前回に一通りパーツ類の表面処理が終わったので今日はディテールアップパーツの取り付けを行います。

クリックで拡大
TopStudioにセットされてるエッチングのラジエターメッシュです。
これをキットのラジエターに取り付けていきます。


クリックで拡大
まずはキットのラジエターのRに合わせてメッシュを湾曲させます。
エッチングが硬くそのままではうまく湾曲しないので例によりターボライターで焼いてから現物合わせで曲げてます。


クリックで拡大
こんな感じになります。
ここでは仮り合わせ、接着は塗装後に行います。

余談ですがメッシュにきれいな焼け色がついてますね、これが本物の焼けによる金属の変色です。
マフラーにもこのような塗装を施せれば自然な焼け表現となるのでしょうが分かっててもなかなかうまくいかないんですよね。^^;
因みにこのメッシュに焼け表現はおかしいのであとでペーパーで消します。^^;


クリックで拡大
続いて一部電線コネクターが取り付きます。
これもノーマルキットでは省略されてるTopStudioのディテールアップパーツです。


クリックで拡大
しっかり取り付くように0.5mm真鍮線を仕込みます。


クリックで拡大
取り付く位置はここ。本体側には穴を開け挿し込めるようにしておきます。
こういった極小パーツが完成後の精密感を高めてくれます。^^


クリックで拡大
そして裏側には冷却パイプなどノーマルキットのパーツ類を組み付けて完了です。
このパーツ類はこの時点で本接着してしまっても大丈夫でしょう。


クリックで拡大
コニカ車用のノーマルパーツも同様に下処理を進めてます。
コニカ車側はディテールアップは行っておりませんがラジエターキャップの分割のみ実施してあります。


これで一通りラジエターの追加工作は完了です。
特に大きなディテールアップは施しておりませんがラジエターメッシュなど効果の高いパーツ類で十分な精密感が得られそうですね。

次回は一度サフを入れてみましょう。

今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
スポンサーサイト

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

1/12 HONDA RC211V'06 (タミヤ+TopStudio) 製作#162

引き続きラジエターの製作を進めます。

前回に一通りパーツの追加工作が完了したので今日は一度サフをいれてみて各部の出来具合いを確認します。

クリックで拡大
パーツ同士の合わせ目はうまく消えてくれましたね。


クリックで拡大
全体の表面処理は概ねOKのようです。^^


サーフェイサーの乾燥待ちの間に電線コネクターの製作を行っておきましょう。

クリックで拡大
まずはコネクターを塗装します。
小さいものなので簡単に筆塗りで済ませます。
本体はニュートラルグレーでジョイント部はチタンゴールドです。


クリックで拡大
続いてコネクターに配線を施します。
配線に使用するのは0.65mmの黒リード線と伸ばしランナーです。
伸ばしランナーは適当なジャンクから赤と薄い緑をチョイス、可能な限り細く作成し今回は約0.2mm程度にしてあります。
これらで二芯のモールド線を作ります。

前作では芯線には金属線を塗装したものを使用したのですが今回は伸ばしランナーを使ってみます。
これはいつも訪問させていただき、親しくさせていただいてる『MODELER魂』さんの製作法を参考にさせていただきました。

『MODELER魂』管理人のM.O.DELERさんはカーモデルやガンダムなど多彩なジャンルを手掛けておりディテールアップを施した数々の作品は必見です。
特にコンテストに受賞されたランボルギーニミウラや最新作のフェラーリ312Tの仕上がりは圧巻です!
是非遊びに行ってみてくださいね!^^


クリックで拡大
さて、製作を続けましょう。
このように黒リード線に伸ばしランナーを突っ込みます。
黒リード線の芯線はあらかじめ引き抜いておきます。


クリックで拡大
そして最後にコネクターに伸ばしランナーを挿し込み接着すれば完成です。
コネクターにはあらかじめ伸ばしランナー径に見合う穴を開口しておきます。


リアルな配線ができましたね。^^
芯線に伸ばしランナーを使うと塗装の手間も省けますし剥がれの心配もなくいい感じです。
いろんな色のランナーを置いておくと様々な色のリード線が作れそうですね。

もちろんプラ素材なので極端に曲げると折れてしまいそうですが強い力がかからない部分では有効だと思います。

今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

お知らせ
ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりしていってくださいね。

当サイトはリンクフリーです♪
連絡不要、ご自由にリンクOKです!

製作記を最初からご覧になられる場合は下のカテゴリからどうぞ。
記事が古い順にソートされます。
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!
ポチッと投票よろしくお願いします♪
皆様の1票を毎日の励みにしております!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

応援いつもありがとうございます!
プロフィール

なりけん

Author:なりけん
住所:大阪府 性別:男 年齢:46才
第1次ガンプラ世代で、当時は早朝から模型店に並んだ口です。^0^;
現在はスケールモデル中心。
日々仕事、生活と多忙な毎日ですが一日5分でも10分でも模型に触ろうと頑張っています。
同じ境遇の方が一人でも多く模型ライフに戻ってくるきっかけになればと思っております!

メールはこちら→
(別窓が開きます)

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
 
検索フォーム
お友達リンク
最新トラックバック
忍者ビジター
アクセスカウンター
週間逆アクセスランキング
模型関連メーカーリンク
国内メーカー


タミヤ模型


フジミ模型


(株)ハセガワ


青島文化教材社


株式会社バンダイ


株式会社童友社


マイクロエース(旧アリイ)


株式会社GSIクレオス


スタジオ27


アク・ステオン


モデルファクトリー・ヒロ


株式会社アドラーズネスト


海外メーカー


トップスタジオ(香港)


レベル(ドイツ)


イタレリ(イタリア)

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク・その他
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FX