MAIN CONTENTS
只今 1/12 HONDA CB1300P 白バイ (フジミ) 製作中! 現在の状況
マイペースですが宜しくお願いいたします。<(__)>
SIDE CONTENTS
前作品紹介 1/12 DUCATI 1199 パニガーレS (タミヤ) ENZO FERRARI完成画像へ
カテゴリより製作記をご覧になれます。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

1/12 HONDA RC211V'06 (タミヤ+TopStudio) 完成#02

さて、前回に引き続き完成した作品のお披露目です。

今日はストレート組みのコニカ車に相対してディテールアップ版のレプソル車です。

製作期間約8ケ月、2台同時製作でスタートしましたが期間のほとんどがこちらに費やしたこととなりました。

長くかかりましたがようやく完成させることができました。


さてさて、どんな感じに仕上がったかご覧ください。^^

クリックで拡大

クリックで拡大

こちらはタミヤのキットにTopStudioのディテールアップキットを組み込みさらに純正オプションのフロントフォークや一部自作パーツなども織り込んでフルディテール版を目指したものです。

リアル感のなかにも清潔感を感じれるような美しい仕上がりを目指しました。

クリックで拡大

クリックで拡大

マシンはゼッケンNo.26ダニ・ペドロサ選手専用のワークスマシン。

キットでは身長の低いペドロサ選手に合わせて小型化されたタンクカウルや背もたれ部分が前に詰められたシートカウル、ナックルガード部分が短く変更されたアッパーカウル等、特別仕様が再現されています。

今回はさらにノーマルキットではオミットされてるショートタイプのステップ類もTopStudioのディテールアップパーツにて追加再現しています。

クリックで拡大

クリックで拡大

ボディカラーのレシピはシンプルにタミヤ指定色のブリリアンオレンジとダークマイカブルーで。

その他の部分はキット付属のデカールを使ってインスト通りの仕上げとしました。

複雑なレプソルカラーを塗装とデカールの組み合わせで比較的簡単に再現できるようにしたタミヤの設計力には頭が下がりますね。

又、カウル類はカラーリング後にウレタンクリアーでコーティング。その後、研ぎ出しによりデカールの段差取りからつや出しまで行ってあります。


クリックで拡大

カウル類各部のファスナーやリベット類は全て削り落し、極小ビスや金属リベットで再現し直してあります。


クリックで拡大

デカールは定評のあるカルトグラフ製。

ほぼ透けは見受けられませんでしたがゼッケンなどの下地に影響されやすい部分で一部発生、その部分に関してはデカールの2枚貼りで対応しました。


クリックで拡大

近年のフルカバーされたテールカウルは下面まできっちりカラーリングが施されてます。 

又、テールカウル下には小型のオンボードカメラを自作パーツにて再現。テール周りの密度感アップを図ります。


クリックで拡大

メーター、ステアリング周りも精密に再現。

又、アッパーカウル裏には市販のデカールでカーボンケブラー地を再現してメーター周りのリアル感を高めてみました。


クリックで拡大

今回レーシングスタンドはノーマルキットのものは形状が古く'06年仕様に対応したものをプラ棒による自作パーツで再現。


クリックで拡大

いかがでしょうか、ウレタン塗装などまだまだ甘い仕上がり部分もございますが致命的なエラーもなくうまくまとまってホッとしております。


さて、簡単ではございますが時間の都合で今日は外装を取り付けた状態をご覧頂きました。

次回は今作品最終回、外装を取り外した状態をご覧いただきたいと思います!^^

今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
スポンサーサイト

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

1/12 HONDA RC211V'06 (タミヤ+TopStudio) 完成#03

さて、前回に引き続き完成品のお披露目です。

今日はカウル類を取り外した状態をご覧いただきます。

TopStudioのディテールアップパーツのほぼすべてがこのマシン内部に注がれています。

ほとんどがほんの数ミリ単位の極小なパーツ類ですがそれらを組み付けることによりノーマルキットでは味わうことのできない精密なディテールを再現することができます。

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

TopStudioは中国のメーカーで主にタミヤの1/12バイクキットのディテールアップをサポートするサードパーティーメーカーです。

レジンパーツやエッチング、極細な金属線やビニール線、さらに熱収縮チューブやメタルシールなどマルチマテリアルなパーツ構成でノーマルキットを1ランク上の作品に仕上げることが可能です。

組み付けには多少ノーマルキットの加工やコツが必要ですが一つづつ処理していけば必ず完成させることが出来ます。

ノーマルキットにもの足りなさを感じる方には是非挑戦していただきたいオプションキットだと思います。^^

クリックで拡大

クリックで拡大

ノーマルキットのフレームはメッキ処理がされていましたが、今回は色味が軽く感じたため一旦メッキを落として塗装にて仕上げてあります。

その際フレームは旧キットより共通流用され形状が違ったので一部プレスラインの変更や裏の肉抜きのパテ埋め処理などを施し極力'06年仕様に近い形に仕上げてみました。

又、実車ではカーボン製であろう各パーツには市販のカーボンデカールにて可能な限り再現性を高めてあります。


クリックで拡大

エンジンも旧キットより共通流用され形状が違ったクラッチとクラッチカバーをTopStudioのパーツと換装することで'06年仕様を再現することが出来ます。

又、エンジン周辺や完成後ははぼ見えなくなるラジエターとの間にもぎっしり配線やディテールを詰め込んでどの角度からの観賞にも密度感を感じれる仕上がりとなってます。

さらに今回はバッテリーターミナルの追加やオイルゲージを透明管に変更するなどのオリジナルのディテールアップも追加して精密感アップを図ってみました。


クリックで拡大

その他にもエンジンにはホースバンドの追加や各ボルト頭にエッチングを貼り込んで精密感を高めてます。

そしてマフラーエキパイには固定用のスプリングを追加して情報量アップも図ってます。


クリックで拡大

ドライブチェーンはTopStudio製別売り金属チェーンに置き換えてます。

このチェーンは1コマずつ別パーツの組立式。これは初めての製作で難しかったです。。出来はかなりダメダメでした。ToT

次に機会があれば是非リベンジしたいところです!


クリックで拡大

フロント足周りも速度センサの追加や金属パーツのキャリパーサポートに置き換え。

エッチングによるアクスルシャフトのロックナットやストロークセンサの追加など随所にディテールアップを施してあります。


クリックで拡大

リアの足周りもフロント同様アクスルシャフトのロックナット追加やエッチングによるブレーキディスクに置き換え。

チェーンテンショナーの別パーツ化などぬかりなくディテールアップを施してあります。


クリックで拡大

テールカウルを外せば複雑にとり回されたマフラーが現れます。

マフラーエンドや固定金具はTopStudioによるシャープな金属パーツやエッチングに置き換え。

又、シートカウル内側に貼ったメタルシールによる遮熱板とマフラー下の自作追加した電子ボックスが情報量を高めてくれます。


クリックで拡大

クリックで拡大

ステアリング周りもTopStudioのパーツに交換やエッチングの追加で実車のような精密感が得られます。

自作のアクセルワイヤーテンショナー追加やフロントブレーキの遊び調整ダイヤル、各スイッチ類の配線追加など操作系のごちゃごちゃ感が雰囲気を上げてくれます。

又、各マスターシリンダリザーバータンクには自作のスポンジカバーを取り付け実車の雰囲気に近づけてみました。


クリックで拡大

フロント部メーター裏は各電装品やコネクター類が集約され配置されます。

操作系独特のごちゃごちゃした配線が実車の雰囲気を出してくれます。


クリックで拡大

又、メーターはTopStudioの'06年仕様のパーツに置き換えてます。

パネル面にはちゃんとシールド面も付属されリアルな再現が可能です。


クリックで拡大

タンクカウルを外せば前方がエアボックス、後方が燃料タンクに2分されたディテールが現れます。

ノーマルキットでは簡略化されてるエアボックスはTopStudioのパーツに置き換えることで情報量豊富な精密なディテールを再現出来ます。


クリックで拡大

そして最後に同時製作したコニカミノルタ車との2ショット。^^


クリックで拡大

いかがでしたでしょうか?いつもながらこのTopStudioのディテールアップキットはバイク模型ファンにはたまらないキットですよね。


総記事数218回、紹介した画像総数1241枚と今回も膨大なデータ量となって長かった製作記でしたが最後までお付き合いありがとうございました。

まだまだ技術的に処理の甘いところや妥協したところも多々ありますが今回はこんなところでご勘弁を。^^;

又、つたない製作記ではございますが、閲覧してくださった方々が興味を持たれ、少しでも製作のヒント、参考になれば幸いでございます。

さて、簡単文ですが今作はこれで終了とさせていただきます。

また次回作でお会いしましょう!^^)/

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

お知らせ
ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりしていってくださいね。

当サイトはリンクフリーです♪
連絡不要、ご自由にリンクOKです!

製作記を最初からご覧になられる場合は下のカテゴリからどうぞ。
記事が古い順にソートされます。
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!
ポチッと投票よろしくお願いします♪
皆様の1票を毎日の励みにしております!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

応援いつもありがとうございます!
プロフィール

なりけん

Author:なりけん
住所:大阪府 性別:男 年齢:46才
第1次ガンプラ世代で、当時は早朝から模型店に並んだ口です。^0^;
現在はスケールモデル中心。
日々仕事、生活と多忙な毎日ですが一日5分でも10分でも模型に触ろうと頑張っています。
同じ境遇の方が一人でも多く模型ライフに戻ってくるきっかけになればと思っております!

メールはこちら→
(別窓が開きます)

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
 
検索フォーム
お友達リンク
最新トラックバック
忍者ビジター
アクセスカウンター
週間逆アクセスランキング
模型関連メーカーリンク
国内メーカー


タミヤ模型


フジミ模型


(株)ハセガワ


青島文化教材社


株式会社バンダイ


株式会社童友社


マイクロエース(旧アリイ)


株式会社GSIクレオス


スタジオ27


アク・ステオン


モデルファクトリー・ヒロ


株式会社アドラーズネスト


海外メーカー


トップスタジオ(香港)


レベル(ドイツ)


イタレリ(イタリア)

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク・その他
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FX