MAIN CONTENTS
只今 1/12 HONDA CB1300P 白バイ (フジミ) 製作中! 現在の状況
マイペースですが宜しくお願いいたします。<(__)>
SIDE CONTENTS
前作品紹介 1/12 DUCATI 1199 パニガーレS (タミヤ) ENZO FERRARI完成画像へ
カテゴリより製作記をご覧になれます。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

1/24 ランボルギーニカウンタック5000QV (アオシマ) 完成#001

さて、今作品もようやく完成となりました。

製作期間は約3ケ月、当初の予定ではもう少し早く完成するはずだったのですがいろいろと諸事情によりこのような結果となりました。

モデルは1/24スケール アオシマ製 ランボルギーニカウンタック5000QV(クワトロバルボーレ)です。

今回の製作テーマはあまり細かいディテールアップは行わず楽しくサクッと組み上げるというものでした。

よって基本的にはストレート組み、プラス純正のオプションディテールアップセットを組み込んでの製作となっております。

ただしどうしても気になる部分だけは改造、改修を行っております。

それではご覧ください。^^


クリックで拡大

今回のボディカラーはレッド、70年代を思わすソリッド色としてみました。

使用した塗料はクレオス158番スーパーイタリアンレッドです。

そしてボディはウレタンコートによりきっちり研ぎ出してあります。

使用したウレタンクリアーはフィニシャーズウレタンクリアーGP1です。


クリックで拡大

クワトロバルボーレ独特の大型のオーバーフェンダー、シリーズ中最高の迫力です。

そして幾多の塗装工程による塗膜のせいでしょうか、右のドアの収まりが悪くきっちり閉まりませんです。。調整しましたがこれが限界、今回の一番の反省点です。m__m

ドアのチリ調整は難しいですね今後の課題です。^^;


クリックで拡大

このキットは車種こそ古いですがアオシマ社の新製品です。

現代の最新技術で新解釈リニューアルされたプロポーションはバツグンです。

現時点ではタミヤ版、フジミ版を凌ぐ決定版といっても良いでしょう。

内部構造など省略されてる部分はあるものの付属品はマルチマテリアル、程良い部品点数で十分楽しめる内容となってます。


クリックで拡大

車体下面はこんな感じ。ディテールは簡略化されていますが雰囲気はそこそこです。

エンジンやマフラーをキッチリ塗り分けてやればそれなりに立体感は得られます。


クリックで拡大

ワイパー、エンブレム、ナンバープレートなど主要な小物パーツは純正オプションのエッチングに置き換えています。

ノーマルのプラパーツではどうしても肉厚でややスケール感に欠けてしまいます。

このようにオプションのエッチングを使用することで精密感が高めることが可能です。^^


クリックで拡大

リア周り、テールコンビネーションランプ類はあらかじめクリアーレッドやクリアーオレンジに成型されたパーツ構成で組立てるだけで配色が綺麗に再現できるように配慮されてます。

エンブレム類はキットに付属されてるものと純正オプションパーツにセットされてるものを合わせるとこのように全てメタルインレットで再現できます。

デカールでは再現しきれない金属感で精密感を高めてくれます。

又、マフラーガードもオプションのエッチングに換装しています。このようにメッシュの抜けた精密な再現が可能です。


クリックで拡大

エンジンフードはエアボックス部が大きく膨らんだQV専用品です。

この辺りのデザインはLP400,500とは大きく異なりますね。

私は好きですがその好みは分かれるところでしょうか。


クリックで拡大

そしてエンジンフードはヒンジによる開閉式。

開くとQV専用エンジンが収まってます。

キットではエンジンは上っ面だけの簡易再現ですがこうしてフード越しに覗くとその再現性はなかなかのものです。

程良いパーツ点数で立体感は十分ですね。

今回は純正オプションパーツにセットされてるプラグコードを追加してディテールアップしてあります。


クリックで拡大

ドアオープン状態。

特徴的なガルウイング、このキットは開閉状態を再現可能です。


クリックで拡大

尚、ドアはヒンジでの開閉ではなくこのような抜き差しタイプ。

これはカウンタックのドアはオープン時ドアの先端がボディ内に入り込むといった実車通りのヒンジ構造を再現できなかったからでしょう。

ヒンジを廃した代わりにより実車に近い開閉時のイメージが実現されてます。


クリックで拡大

ドアを開けると内装が観賞できます。

内装色は定番ではありますがブラウン系としてみました。

地面に付きそうな低いシートでカウンタック独特の雰囲気がただよいます。^^

又、シートには純正オプションパーツにセットされてるシートベルトを追加してあります。


クリックで拡大

そして市販のスエードでフロアマットを追加してあります。

またステアリングオーナメントは純正オプションのエッチングに換装してあります。


クリックで拡大

そしてこのキットで一番残念なポイントであるAピラー。

キットではマド枠のみの再現で細く貧弱なのです。

そこで今回は内側に実車同様に太いフレームを自作追加して堅牢なイメージにしてみました。

更にドア開口部にはドアパッキンを模したトリムを自作追加して雰囲気アップを図ってあります。


クリックで拡大

シートのヘッドレスト部は天井に付きそうで大きく感じたため約1mm程切り詰めて低くしてあります。


クリックで拡大

そしてカウンタックの特徴的なリトラクタブルヘッドライト。

キットでは開閉選択式となってますが今回はヒンジを自作して開閉可動式に変更してあります。

キットのライトはよく出来てます、閉状態で固定では悲しすぎるので是非トライしたい改修ポイントです。


クリックで拡大

カウンタック500(5000)系の特徴ともいえる大型のリアウイング。

キットではビッグタイプとスモールタイプの2種類セットされてます。

好みによって選択接着式となってます。

今回はせっかくですのでレビューも兼ねて金属ピンを追加して差し替え可能にしてみました。


クリックで拡大

ビッグタイプ。


クリックで拡大

スモールタイプ。
どちらが好みですか?^^;


クリックで拡大

最後はお約束のフルオープンで。^^


と、こんな感じになりました。

その他の詳細については製作記を見ていただければ幸いです。

いかがでしょうか、作ってみて私個人の感想としては作り易くとても好印象でした。

過去アオシマ製品でこれだけまともなキットはないのでは?と思える一作でした。^^;

少々値段は高めですがその分の価値は十分あると思いますよ。

又、純正オプションパーツはかなりお得です。エッチング、シートベルト、メタルインレット、プラグコードといろいろ入って1500円は安すぎます。

これを組み込むだけでもかなりのディテールアップが可能なので是非同時に購入していただきたい一品です。


尚、このキットは現在もバリエーション化が進められてまだまだ元気なキットです。

シリーズ通して製作については共通する部分も多いと思いますので今作例が少しでもヒントになれば幸いです。


さて、今回も仕上がりの甘い部分もあり課題残しとなってしまいましたがこれで今作品は完了といたします。

もっと修行を積まないと・・^^;

今回も最後までお付き合いありがとうございました。それではまた次回作でお会いしましょう!


WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
スポンサーサイト

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

お知らせ
ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりしていってくださいね。

当サイトはリンクフリーです♪
連絡不要、ご自由にリンクOKです!

製作記を最初からご覧になられる場合は下のカテゴリからどうぞ。
記事が古い順にソートされます。
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!
ポチッと投票よろしくお願いします♪
皆様の1票を毎日の励みにしております!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

応援いつもありがとうございます!
プロフィール

なりけん

Author:なりけん
住所:大阪府 性別:男 年齢:46才
第1次ガンプラ世代で、当時は早朝から模型店に並んだ口です。^0^;
現在はスケールモデル中心。
日々仕事、生活と多忙な毎日ですが一日5分でも10分でも模型に触ろうと頑張っています。
同じ境遇の方が一人でも多く模型ライフに戻ってくるきっかけになればと思っております!

メールはこちら→
(別窓が開きます)

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
 
検索フォーム
お友達リンク
最新トラックバック
忍者ビジター
アクセスカウンター
週間逆アクセスランキング
模型関連メーカーリンク
国内メーカー


タミヤ模型


フジミ模型


(株)ハセガワ


青島文化教材社


株式会社バンダイ


株式会社童友社


マイクロエース(旧アリイ)


株式会社GSIクレオス


スタジオ27


アク・ステオン


モデルファクトリー・ヒロ


株式会社アドラーズネスト


海外メーカー


トップスタジオ(香港)


レベル(ドイツ)


イタレリ(イタリア)

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク・その他
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FX