MAIN CONTENTS
只今 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作中! 現在の状況
マイペースですが宜しくお願いいたします。<(__)>
SIDE CONTENTS
前作品紹介 1/24 BMW 850i (タミヤ) 850i完成画像へ
カテゴリより製作記をご覧になれます。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

1/200 ANA BOEING787-8 (ハセガワ) 製作#011

さて、次に機体下部の塗り分けラインを決めるためにデカールを貼っていきます。

クリックで拡大
ハセガワはカルトグラフを採用しているキットもたくさんあるのですがこのキットはカルト製ではないようです。

と言うことはハセガワさんのオリジナルデカールか、どうでしょうか見るからに薄そう弱そうで不安いっぱいですが・・
デカール貼りはデカール自体の品質に大きく左右されますからね。

なにはともあれまずは貼ってみましょう。

クリックで拡大
やはりデカールはかなり薄く丁寧に扱わないとすぐ敗れそうな雰囲気。
そして軟化剤の選定は最重要項目、これを間違えると一瞬でデカールがオジャンてこともあるので慎重に。
今回はデカールが薄いので最弱のタミヤのマークフィットで十分みたいです。


クリックで拡大
とりあえずANAの基本カラーのブルーのデカールは全て貼ってしまいましょう。


クリックで拡大
位置決めはかなりシビアです、一生懸命合わしましたが合わしきれず最後部にスキマ発生。
こりゃ後でタッチアップするしかないですね。


クリックで拡大
気を取り直して反対側も進めましょう。
やはり後部のしぼられてるこのあたりにしわがたまります。


クリックで拡大
一生懸命しわをのばしてると・・ありゃー、一箇所破れちゃいました!ToT
他はなんとかしわはとれましたが破れた部分はどうにもなりませんな、とりあえずこのままいきましょう。


うーん、このデカールは薄くてかなりデリケートなようです。

ちょっと力を入れすぎるとすぐに破れます。フジミの硬い分厚いデカールとは正反対。

それゆえ軟化剤にはくれぐれも注意、実はクレオスのマークソフターを塗ったら一瞬で溶けはじめました。

マークソフターしかもってない場合は十分に水で薄めて調整しながら進めることをお勧めします。

さぁ、いろいろと失敗シーンも出てまいりましたが果たしてこの先どうなりますかな、お楽しみに。^^;

今日はここまでです。ではまた次回に!

WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
スポンサーサイト

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

comment

Secret

>優四郎さん

こんにちはコメントありがとうございます。

なるほど、私も以前に一度ハセガワはマクロスVF1を組んだんですがその時はカルト製だったと思います。(記憶曖昧)その時は特に苦労はなかったのですが今回は気使いまくりです。
パーツ数の少ない大味なキットとなめてかかるとえらい目にあいますね。^^;
  • 2013-06-18
  • なりけん URL
  • edit

No title

自分はハセガワのプラモデルをよく作るのですが、ハセガワはカルトの他にあと2種類くらいデカールがあって、ここで紹介されているデカールより少し厚いのが存在します(フジミみたいに分厚くはないです)、そういう意味ではフジミはデカールをカルトの他は1種類に統一していますね
お知らせ
ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりしていってくださいね。

当サイトはリンクフリーです♪
連絡不要、ご自由にリンクOKです!

製作記を最初からご覧になられる場合は下のカテゴリからどうぞ。
記事が古い順にソートされます。
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!
ポチッと投票よろしくお願いします♪
皆様の1票を毎日の励みにしております!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

応援いつもありがとうございます!
プロフィール

なりけん

Author:なりけん
住所:大阪府 性別:男 年齢:46才
第1次ガンプラ世代で、当時は早朝から模型店に並んだ口です。^0^;
現在はスケールモデル中心。
日々仕事、生活と多忙な毎日ですが一日5分でも10分でも模型に触ろうと頑張っています。
同じ境遇の方が一人でも多く模型ライフに戻ってくるきっかけになればと思っております!

メールはこちら→
(別窓が開きます)

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
 
検索フォーム
お友達リンク
最新トラックバック
忍者ビジター
アクセスカウンター
週間逆アクセスランキング
模型関連メーカーリンク
国内メーカー


タミヤ模型


フジミ模型


(株)ハセガワ


青島文化教材社


株式会社バンダイ


株式会社童友社


マイクロエース(旧アリイ)


株式会社GSIクレオス


スタジオ27


アク・ステオン


モデルファクトリー・ヒロ


株式会社アドラーズネスト


海外メーカー


トップスタジオ(香港)


レベル(ドイツ)


イタレリ(イタリア)

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク・その他
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FX