MAIN CONTENTS
只今 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作中! 現在の状況
マイペースですが宜しくお願いいたします。<(__)>
SIDE CONTENTS
前作品紹介 1/24 BMW 850i (タミヤ) 850i完成画像へ
カテゴリより製作記をご覧になれます。
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

1/12 YAMAHA YZR500'89(OWA8) TECH21 (ハセガワ) 完成#001

さてさて皆様、ようやくの完成です。

いやぁ、かれこれ半年ぐらいやってたことになりますね。

サクッといく予定が本業の立て込みやら製作の中断やらなんだかんだでかなりの期間を費やすことになってしまいました。

クリックで拡大

モチベーション維持も大変でして最後は強引に完成に持っていきました。

そんな訳で出来は自己採点では100点満点中60点ぐらいかな、合格点にはとどいてないなってところです。^^;

まぁ、なにはともあれ形になったので一安心です。



クリックで拡大

キットは細かい部分まで再現されてるのでストレート組みでも十分楽しめます。

各パーツはハセガワらしい繊細なモールドで造形は申し分ないのですがあまり強度的なことは考えられてないようで破損や紛失には気を使いました。

またパーツ数が多いので塗装から組立工程もタミヤの同スケールより時間掛かります。



クリックで拡大

外装のカラーリングは今回は付属のデカールを使用してます。

デカールはカルトグラフ製ですがとっても貼り易いってことはないです。

形もきっちり合ってるわけではないのでそれなりに苦労します。

腕に覚えのあるかたはベースのカラーは塗装でやるのも一考です。



クリックで拡大

外装のクリアコートは今回もウレタンクリアーで行いました。

コーティング後研ぎ出して仕上げてます。



クリックで拡大

フロント回りは少しだけパイピング類に手を入れただけでほぼストレート組みです。

それでこれだけの密度感ですからハセガワさんいい仕事してると思います。



クリックで拡大

カウルのファスナー類は今回はコトブキヤのプラ製の小型リベットに塗装して使ってみましたが質感はいまいちでした。

やはり金属製のものを使うほうが良かったな、まぁコスト的なこともあっていろいろ試してみたのです。^^;



クリックで拡大

そして今回のモチベーションダウンの最大の要因。

研ぎ出し失敗、デカール削ってしまってます。

結構あとになってから気づきました。(笑)

製作記を見ていただくとわかりますが電動ツールでエイヤーっとやった代償でしょうか、もっと気をつけないといけませんね。

いつもなら修正するのですが今回はそのガッツなし、見なかったことにしましょう。(爆)



クリックで拡大

ナックルガード回りのリベット再現。

今回はアドラーズネストの金属リベットを塗装して使ったんだけどマッキーで塗装したら瞬間接着剤に溶けて一部にじんでしまった。

ここも減点対象ですね。(笑)



クリックで拡大

クリックで拡大

テールカウルは中にチャンバーが入るので被せるのが大変そうに思ってたんですが意外とすんなり。

すわりも悪くありませんしなかなか良い設計になってます。



クリックで拡大

フロントの足回りはフォーク、フェンダー共TECH21仕様の個別パーツです。

まぁ、特にこれが格好良いというわけではありませんが参考までに。

フォークのインナーチューブにはミラーフィニッシュを貼って質感アップしてみました。

ブレーキホースは自作のスパイラルチューブ巻きですがいまいちよく分かりませんね。



クリックで拡大

チャンバーはスーパーアイアンの上にクリアーブラックで雰囲気をつけただけ。

この時代のチャンバー焼けの表現って難しいですよね、実車は手仕上げの溶接跡でけっこう汚いんですよね。

その辺の表現を模型的にどうとらえるか、今後の課題です。

サイレンサーは市販のカーボンデカール+エッチングリベット仕上げです。



クリックで拡大

リアの足回りは特筆する部分もなくストレート組みです。

ブレーキやチェーンなんかも塗り分けただけ。

それでもモールドが繊細なので十分見栄えます。



クリックで拡大

燃料タンクから伸びるエアーブリーザーホースは付属の透明チューブにクリアーブラウンを軽く吹いたものです。

細いものに置き換えたかったんですが手持ちの素材品では上のUの字の頂点でポキっと折れてしまうんですよね。

それでちょっと太いけど今回はノーマルそのままです。ちなみにステーに固定は極細の金属線です。



クリックで拡大

ステアリング部アクセルワイヤーテンショナーはいつもの自作品です。

これをキットが標準でパーツ化してくれる日はくるのでしょうか。

いいかげん毎回作るの面倒です。m__m



クリックで拡大

このキット、アッパーカウルを一度車体に取り付けると取り外すのは困難です。

できないことはないのですがかなりデンジャラスなのでやめておきます。

そんな訳でストリップ画像は無し、アンダーカウルのみ取り外した状態でご勘弁。



クリックで拡大

といってもエンジン回りも特に手を入れてないので見所もありません。

とりあえずエンジン入ってますよって感じです。



クリックで拡大

とまぁこんな感じです。

今作の総評としてポカミスも多かったのですがけっこう難易度の高いキットだと思いました。

タミヤのように初心者から上級者まで誰でも楽しめる設計ではなく上級者を狙ったもののように感じました。

箱の横に上級者向けって書いた方がいいですよハセガワさん。(昔よくありましたね。^^;)

完璧に作るにはもう2,3回欲しいかな。。

カラーリング違いが数種類発売されてるので今回の失敗を踏まえてリベンジしてみたいですね。



クリックで拡大

簡単ですが以上今作例の概要です。

その他詳細は製作記をご覧いただけると幸いです。


さて、製作ペースを上げようと日々模索してますが本業や生活があるのでなかなか思うようにいきませんね。

まだまだ作りたいものが後に控えてるのでどうにかしたいものです。^^;

その辺が当面の課題ですね。



とりあえず次回作は恒例?のインターバル。

息抜きキットをと考えてます。


今回も最後までお付き合いありがとうございました。

それでは次回作でお会いしましょう!


WE LOVE SCALE MODEL^O^
☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆
☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
応援いつもありがとうございます!
Always thank you for support!
スポンサーサイト

comment

Secret

お知らせ
ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりしていってくださいね。

当サイトはリンクフリーです♪
連絡不要、ご自由にリンクOKです!

製作記を最初からご覧になられる場合は下のカテゴリからどうぞ。
記事が古い順にソートされます。
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!
ポチッと投票よろしくお願いします♪
皆様の1票を毎日の励みにしております!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

応援いつもありがとうございます!
プロフィール

なりけん

Author:なりけん
住所:大阪府 性別:男 年齢:46才
第1次ガンプラ世代で、当時は早朝から模型店に並んだ口です。^0^;
現在はスケールモデル中心。
日々仕事、生活と多忙な毎日ですが一日5分でも10分でも模型に触ろうと頑張っています。
同じ境遇の方が一人でも多く模型ライフに戻ってくるきっかけになればと思っております!

メールはこちら→
(別窓が開きます)

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
 
検索フォーム
お友達リンク
最新トラックバック
忍者ビジター
アクセスカウンター
週間逆アクセスランキング
模型関連メーカーリンク
国内メーカー


タミヤ模型


フジミ模型


(株)ハセガワ


青島文化教材社


株式会社バンダイ


株式会社童友社


マイクロエース(旧アリイ)


株式会社GSIクレオス


スタジオ27


アク・ステオン


モデルファクトリー・ヒロ


株式会社アドラーズネスト


海外メーカー


トップスタジオ(香港)


レベル(ドイツ)


イタレリ(イタリア)

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク・その他
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FX